【PR】人気商品をチェック ▶amazon人気度ランキング

ユニロイとストウブ比較【ホーロー鍋選びに迷った私・決め手はこれ】

当サイトにはプロモーションが含まれています。
unilloy staub
Amazonセール情報

\ amazonファッション日替りセール /

\ 今人気の商品はこれ! /

amazon人気度ランキング

1000円以下の掘り出し物も!
在庫処分セールはこちら

ユニロイは日本製。ホーロー鍋は重くて使いづらいというのを覆した軽さが特徴。”毎日使えるホーロー鍋”という思いで作られたものです。

ホーロー鍋の中でも人気があるストウブ。色が豊富で見た目にも可愛いものが揃っています。ユニロイストウブを比較すると、ユニロイの軽さは圧倒的。

ホーロー鍋選びに迷った私が、ユニロイストウブを比較しました。散々迷って私がたどり着いたのは…。

これからホーロー鍋を買いたい人。二つ目のホーロー鍋が欲しい人。日本ブランドのユニロイと人気のストウブの比較です。参考になりますように。

最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク
目次
管理人『パセリ』のプロフィール

パセリ

10年の海外生活、介護福祉士を経て、現在は整体師として働いています。

体や心の不調の経験から、健康のために色々な方法を勉強して実践

取り入れて良かったものを、自分のサロンの中でもお伝えしています。

シンプルでお金がかからない塩&にがりの”塩ライフ”もおすすめです。

医師に相談して出会えた水素吸入も、今は生活の一部になっています。

\ パセリのおすすめ /

温泉水をご存知ですか?

良いものは何でも試したい筆者が
あまりの美味しさに衝撃を受けた超軟水
温泉水99についてご紹介しています
初回限定お試しセット は990円です♪

温泉水99の紹介記事はこちら

ユニロイとストウブ比較

comarison

ユニロイストウブ。どちらも20㎝で比較しています。

比較

比較ユニロイストウブ
生産国日本フランス
色展開4色:マットブラック・ホワイト・
ネイビー・サクラ
11色(ピコ・ココットラウンド)
ブラック・チェリー・
ユーカリ(グリーン)・
カンパーニュ…etc
重さ約2.2㎏約3.6㎏
容量3.0ℓ2.7ℓ
対応熱源ガス火・IH・オーブンガス火・IH・オーブン
シーズニング不要
調理法煮込み・炊飯・焼く
茹でる・揚げ物
煮込み・焼く・蒸す・揚げ物
無水調理・炊飯・パン作り
修理有(有償)無(買い取り有)
カドミウム(*)環境に配慮している
(公式サイトによる)
不明
(公式サイトには載っていない)
値段29,998円17,000円~30,000円台
(正規品・色による)

カドミウム:カドミウムは有害な重金属。腎臓や肺、肝臓に障害が生じることがあるのは知られている。ホーロー鍋の鮮やかな色付けに使われることがあるもの

ユニロイ

ユニロイは日本で立ち上げられたブランドです。ユニロイの特徴は、軽さ。他のホーロー鍋と比較しても、軽さと薄さが特徴です。ホーロー鍋の”重くて使いづらい”を ”毎日使いたくなる軽さ”を実現しました。

同じ20㎝でストウブと比較しても、1㎏以上軽いんですね。私は現在、バーミキュラホーロー鍋18cmを使っています。18㎝でも初めて手にした重さにびっくりしました。ホーロー鍋って、こんなに重いんだぁ、と。重さは18㎝で、約2.6㎏です。ユニロイの20㎝と400gぐらいしか変わらないんです。さすが、軽さにこだわったユニロイ。

ユニロイのもう一つの特徴。それは有償での修理です。ホーロー鍋で、有償で修理をしてくれるのは、ユニロイとバーミキュラです。

\ 世界一軽いホーロー鍋 /

ユニロイ(Unilloy)
¥29,998 (2024/02/17 20:54時点 | Amazon調べ)

ストウブ

\ ストウブ正規品 /

ストウブには、正規品と並行輸入品があります。

ストウブのピコ・ココットラウンドは人気です。ストウブはユニロイと比較して、色展開が多いです。鮮やかな色など、目が惹かれるものがあります。

重さは同じ大きさのものを、ユニロイと比較してもストウブは重いんですね。日常使いにするには、その重さのために使わなくなったという人も。

使わなくなったストウブ。棚の奥に眠ってしまうのでしょうか。ストウブには買い取りがあります。↓

\ あわせて読んでね /

スポンサーリンク

ユニロイとストウブ比較【比較した点】

enamel pan

\ これは現在私が使っているホーロー鍋です /

ホーロー鍋を選ぶのに、私はかなり調べて比較して、散々迷いました。比較をするポイントは以下でした。

サイズ

ホーロー鍋のサイズは慎重に選んだほうがいいですね。調べるとストウブを使わなくなった理由の声で、重さ同様にサイズでした。

買ってから、あぁ~、小さすぎた…。大きくて使いづらい…などなど。大は小を兼ねるとは言いますけどね。

私は、それまでに使っていた鍋の買い替えのため、ホーロー鍋にしたいと思ったのです。だから、使っている鍋のサイズを何度も測りました。これがこの大きさで…という具合に。

重さ

そしてサイズ同様に、重さも比較するのは大事でしょう。毎日使うものだから、重いのはイヤな人。出し入れが大変。そのうちに出すのが面倒で使わなくなる…なんて。

ただ、ホーロー鍋の重さとしては、ストウブやル・クルーゼ、バーミキュラも大きな違いはありませんでした。同じ大きさのもので比較しても、数百gといった感じ。

軽さを重視するなら、断然ユニロイです。

調理法

調理法は、無水調理をはじめとして、焼く・煮る・炊くなどです。私は、ホーロー鍋で炊飯もしたっかたのです。ユニロイもストウブも、炊飯は得意なようです。

他の調理法では、やっぱり無水調理でしょうか。材料の旨みを逃さない無水調理。ホーロー鍋を使うなら、やりたい調理法です。

ストウブでの無水調理は推奨されています。ユニロイでは、無水調理は強調されていません。無水だと空焚きになるため、少しの水を入れて…と公式サイトには載っています。

私が現在使っているホーロー鍋でも、少しの水は入れます。初めての時、水を入れずに調理したら、なんだかうまくいかなかった…。もしかしたら、やり方が下手なだけかもしれませんが。

シーズニング

お手入れは簡単で楽なほうがいいと思いました。その点では、ユニロイはシーズニングが不要。ストウブは使い始めのシーズニングも、使いだしてからのシーズニングも必要です。

ユニロイとストウブの比較をしながら、段々と私の中で、ストウブの存在が薄れていく…。

安全性

ホーロー鍋に限らずですが、無視できなかったのこと。安全性です。安全性とは?

比較表にもありますが、カドミウムです。できることなら避けたいものです。ホーロー鍋でのカドミウムは、鮮やかな色付けに使われます。

ユニロイは、環境への配慮をして…ということだけ触れられています。確かにユニロイは、鮮やかな色がありません。どれも淡い色のものです。ストウブは、カドミウムについては、公式サイトには一切触れられていないのです。

悩ましいなぁと思いました。ストウブも色によって違うかもしれません。あくまでも予想です。

鍋の安全性についても書いています↓

\ あわせて読んでね /

このようにユニロイストウブを比較。また、ストウブと他の鍋も比較しながら、これらのことを考慮してたどり着いたホーロー鍋があります。

ユニロイとストウブ比較【比較して決めた鍋はこれ】

\ 比較して決めたバーミキュラ /

ユニロイストウブの比較に合わせて、バーミキュラも比較したのです。本当にあれこれ比較しました。決めるまでにかなりの時間がかかりました。決めたのは、ユニロイではなく、ストウブでもなく、バーミキュラでした(笑)。

バーミキュラとストウブの比較もしています。

\ あわせて読んでね /

ユニロイストウブを比較。その上でバーミキュラを選びました。たった一つだけ妥協した点。大きさです。ユニロイにもストウブにも、20㎝があります。バーミキュラに20㎝はないのです。それまで使っていた鍋の大きさからすると、20㎝が使いやすいのは間違いない。その点だけ妥協しました。それでも大満足しています。

スポンサーリンク

ユニロイとストウブ比較【ホーロー鍋選びに迷った私・決め手はこれ】|まとめ

ホーロー鍋はいろいろあるんですよね。だから迷います。買ってから失敗した、使わなくなったというのを避けたいものです。

ユニロイストウブを比較。ユニロイは日本製で、何と言っても軽い。ストウブは見た目にも可愛くて、キッチンにあると料理が楽しくなりそう。そんなユニロイとストウブの比較の中でも、決めたのは、バーミキュラ。決め手は、安全性でした。長く使うものだから、安心して使いたい。その思い一つでした。

ただ、今後もまだホーロー鍋は増やそうと思っています。次に私の中にあるのは、ユニロイです。世界一軽いホーロー鍋。使ってみたいじゃないですか!20㎝もありますし。

\ 日本製で軽さが特徴のユニロイ /

ユニロイ(Unilloy)
¥29,998 (2024/02/17 20:54時点 | Amazon調べ)

ユニロイストウブの比較をお届けしました。手にしたものを長く使うために。何を決め手にするかですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次