人気商品をチェック ▶amazon人気度ランキング

ぬちまーすとシママースの違い【成分や製法と値段も比較検証】

当サイトにはプロモーションが含まれています。
Amazonセール情報

amazon人気度ランキング

1000円以下の掘り出し物も!
在庫処分セールはこちら

この数年でSNSでも話題になり、人気が出たぬちまーす。ぬちまーすと同じ沖縄の塩にはシママースもあります。ぬちまーすとシママースって同じ沖縄の塩だけど、違いはあるのでしょうか。どちらを選べばいい?

ということで、ぬちまーすとシママースの違いとして、製造方法や買える場所、値段や成分を比較検証してみました。

比べてみると、ぬちまーすとシママースにはいろいろな違いがあります。どちらを選べばいいかの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
目次
管理人『パセリ』のプロフィール

パセリ

10年の海外生活、介護福祉士を経て、現在は整体師として働いています。

体や心の不調の経験から、健康のために色々な方法を勉強して実践

取り入れて良かったものを、自分のサロンの中でもお伝えしています。

シンプルでお金がかからない塩&にがりの”塩ライフ”もおすすめです。

医師に相談して出会えた水素吸入も、今は生活の一部になっています。

塩ライフの関連商品はこちら

詳しい説明とその他の愛用商品はこちら

ぬちまーすとシママースの違い【どちらも沖縄で作られる塩です】

ぬちまーすとシママース。ひらがなとカタカナではありますが、どちらにも”まーす・マース”とついています。海から作り出された塩を沖縄では、”マース”と呼びます。ぬちまーすもシママースも、どちらも沖縄で作られる塩です。

ぬちまーす

”まーす”は塩。ぬちまーすの”ぬち”は命という意味です。ぬちまーすは”命の塩”として名付けられたようです。人が生きるためにはミネラルが必要であるという、創業者高安正勝氏の思いが込められているようです。確かに私たちが健康であるためには、ミネラルは欠かせない栄養素なのです。

”塩”と聞くと、”塩分の摂り過ぎ”などと言われて、塩は悪者扱いされます。実は、塩と言っても、”塩分”だけを摂れば悪いことになります。塩を摂るにあたっては、塩分だけではなく、ミネラルを含む塩を摂ることが体には必要なのです。

ぬちまーすは、塩分だけではなく海のミネラルが豊富に含まれた塩です。

沖縄県宮城島の太平洋側の海水だけで作られるぬちまーす。沖縄の海水100%です。輸入塩は使いません。このぬちまーすの製造方法が他のものとは違う特殊なものです。

シママース

”マース”は塩。”シマ”は島。シママースは、島の塩という意味なんですね。シママースが作られる現在の本社は、沖縄県糸満市。シママースの原料は、オーストラリアやメキシコの塩田で作られる天日塩です。なぜ、オーストラリアやメキシコの塩田なのか。気候の問題があります。日本は多雨多湿のため、海水から塩を作るには、天日だけでは塩にならないのです。

天日塩を作るためには、広い土地が必要です。それが塩田です。日本に塩田はなくなっています。

天日塩:太陽と風によって自然の力で結晶化させてできる塩

スポンサーリンク

ぬちまーすとシママースの違い【それぞれの製造方法】

salt made in okinawa

ぬちまーすとシママースの違いの一つに製法があります。ぬちまーすもシママースも沖縄で作られる塩ですが、この二つの製造方法は全く異なったものです。

ぬちまーす

ぬちまーすは、常温瞬間空中結晶製塩法という製法で作られる塩です。これは、ぬちまーすならではの製造方法です。

常温瞬間空中結晶製塩法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

最初はコーヒー缶と扇風機を分解して、装置を作ったそうです。そこから百回を超える試行錯誤を繰り返して、遂に常温瞬間空中結晶製塩法というのができました。

海水を取水→円盤を高速回転で海水を細かい霧にする→霧に温風を当てる→水分だけが瞬時に蒸発→ミネラルが空中で結晶→ミネラルが落下して降り積もる→ミネラル豊富な塩→スタッフにより手作業で収穫して、乾燥→ふるいの工程へ→検品→金属探知機に通す→ぬちまーすが消費者へ

これだけを見ても、手間がかかるのがわかりますね。

シママース

シママースの原料とされている塩は、オーストラリアやメキシコの塩田で作られた天日塩です。この天日塩を輸入して、沖縄の海水で溶解します。砂をろ過して、貯蔵タンクへ。そして、更にろ過→予熱→ろ過を繰り返し、平釜で煮詰めて結晶化。脱水→乾燥をして、シママースが出来上がります。

ぬちまーすとシママースの違い【値段と買える場所・それぞれの成分】

ぬちまーす

ぬちまーすとシママースの違いは、購入できる場所や購入のしやすさにもあります。

ぬちまーすの購入方法

2022年頃までは、ぬちまーす公式サイトで簡単に購入することができていました。また、特定のスーパーなどでも買えました。現在では、ぬちまーす公式サイトでも、販売停止となっています。販売再開は未定とのことです。今までスーパーなどでも買えていたのも、今ではぬちまーすを見かけることはありません。

かろうじて、ネットで購入数を限定して買うことができるようです。ただ、値段は公式サイトのものより、若干高くなっています。↓公式サイトでは、250g1242円です。400円ほど高くなっていますが、ぬちまーすファンとしては買う人が多くいるようです。

国際通りのおみやげやさん
¥1,728 (2023/09/30 15:00時点 | 楽天市場調べ)

2023年9月時点でも販売停止となっています。ぬちまーすの売り切れについても書いています。こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。↓

シママースの購入方法

シママースは、最近ではスーパーでも手に入れやすいというのをSNSでも見かけます。私個人としては、近所のスーパーでは見かけません。私が利用するこだわりやという食品店では扱っています。ただ、こだわりやは、東京都をはじめとして、神奈川県、埼玉県、千葉県に存在するくらいです。

こだわりやにもオンラインショップがあります。↓

こだわりや

ネットでも手軽に買えます。ぬちまーすと比べると、値段は格段に違います。↓

ぬちまーすとシママース成分

ぬちまーすとシママースの違い。成分量が圧倒的に違います。

ぬちまーすは、世界一多様なミネラル(14種類)を含むとして、2000年2月にギネス認定を受けました。その後の2002年には更なる分析で21種類のミネラルが検出されています。

シママースは、ミネラルが少なく、食塩相当量が多いのです。これが塩分の違いです。

成分100g中ぬちまーすシママース
食塩相当量73.34g92.1g
ナトリウム29.25g36.3g
カルシウム440㎎105∼300㎎
カリウム1140㎎20∼100㎎
マグネシウム3620㎎40∼300㎎
硫酸イオン4420㎎
臭素160㎎
ストロンチウム12㎎
ホウ素8.4㎎
フッ素2.3㎎
0.41㎎
ケイ素0.23㎎
亜鉛730㎍
リチウム460㎍
ヨウ素29㎍
モリブデン26㎍
総クロム24㎍
ニッケル18㎍
15㎍
バリウム14㎍
マンガン5.3㎍

尚、これらの成分量は、実際の商品に記載されているものと違う場合があります。自然のものからできるので、その時々の状態で変わるのです。

スポンサーリンク

ぬちまーすとシママースの違い【どちらを選ぶべばいい?】

salt

ぬちまーすとシママースの違いは、味にもあります。どちらを選べばいいでしょうか。まず、ぬちまーすとシママースの違いとして、味などの感想です。

ぬちまーすはまろやか

初めて私がぬちまーすを口にした時は、衝撃的でした。これが塩!?という感じです。塩らしいしょっぱさがなく、とてもまろやかで美味しいんです。しょっぱさがないのは、シママースや他の塩と比べても、食塩の量が違うからです。食塩だけでなくミネラルを豊富に含んでいるのです。とにかく美味しい塩です。

ぬちまーすには、パウダータイプと粒状の顆粒タイプがあります。私の感想としては、顆粒タイプの方が、料理には使いやいです。私は、ぬちまーすを水に溶かして塩水として飲んでいます。その際のぬちまーすは、パウダータイプを使っています。

ミネラル補給として水に溶かして飲むのも美味しいですよ。そんな飲み方についても書いています。こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。↓

シママースは塩分が多い

ぬちまーすとは逆に、塩らしいしょっぱさがあるのがシママースです。お料理や漬け物などには最適です。例えば、野菜やパスタを茹でる際に使うのもシママースは良いです。シママースは粒が粗くしっとりとした塩です。湿度によっては固まることがありますが、解せば問題なく使えます。

用途で両方を使い分ける

ぬちまーすとシママースの大きな違いは、製法と含まれるミネラル成分量です。シママースだけを使っていると、十分なミネラルが摂れず、塩分摂取が多くなります。一方でぬちまーすだけだと、塩としての塩分の感じが少ないので、結構な量を使うことになり、消費量が多くなります。

こうしたことから、私自身も用途で使い分けをしています。

また、前述のように現在では、ぬちまーすは購入がなかなかできません。でもミネラル摂取を考えると、ぬちまーすは素晴らしいものです。そこで、ぬちまーすの代替えとして”雪塩”があります。

雪塩も沖縄で作られる塩です。味はぬちまーすに近くまろやかで美味しいです。

雪塩にもぬちまーすと同じく、パウダータイプと顆粒タイプがあります。

こちらはパウダータイプです。↓

にっぽん津々浦々
¥7,773 (2023/09/30 12:44時点 | 楽天市場調べ)

こちらが顆粒タイプです。↓

雪塩もぬちまーすやシママースと同じで、沖縄で作られる塩です。製法の違いもあり、ぬちまーすが販売停止の現在でも雪塩は購入しやすいです。

ぬちまーすと雪塩の違いについても書いています。こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。↓

ぬちまーすとシママースの違い【成分や製法と値段も比較検証】|まとめ

今回はどちらも沖縄作られるぬちまーすとシママースの違いをお届けいたしました。

ぬちまーすとシママースの違い

  • 製造方法:・ぬちまーす→常温瞬間空中結晶製塩法 ・シママース→平釜で煮詰める
  • 原料:・ぬちまーす→沖縄の海水100% ・シママース→オーストラリアやメキシコの天日塩
  • 値段:・ぬちまーす→250gで1620円(公式サイトは1242円) ・シママース→1㎏で399円(購入場所による)
  • 成分量:・ぬちまーす→ミネラル成分21種類で塩分少なめ ・シママース→ミネラル成分少なく塩分多め
  • 購入方法:・ぬちまーす→2023年時点で公式サイトは販売停止 ・シママース→スーパーやネットで購入できる

体に必要なミネラルを考えると、せっかく食べるならミネラル豊富なぬちまーすが断然良いと思います。ただ、使う用途によってはシママースも使うことで、消費量は抑えられますし、値段も手ごろです。私の個人的な使い方は、ぬちまーす>シママースです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\ 応援お願いします! /
からだもこころも晴れのち晴れ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次