【PR】人気商品をチェック ▶amazon人気度ランキング

人と比べる人が嫌い【比べられた時の3つの対処法】

当サイトにはプロモーションが含まれています。
Amazonセール情報

\ Amazonいつものお買い物/

まとめておとくまとめトク

\ Amazonで楽しくお買い物/

ファッションタイムセール祭り

\ Amazonで見つけよう /

父の日ギフト

\ 楽天市場でお買い物 /

父の日のプレゼント

自分で自分のことを誰かと比べるってありがちですよね。一方で自分のことを他の人から誰かと比べられるということもありますね。

例えば 仕事の上司から ”〇〇さんは もうこんなにできているのに,君は…”なんて…。

こんなふうに人と比べる人が嫌いで,比べられた時はどうすればいいの?と思う人に向けて比べられた時の対処法を書いてみました。

このような悩みがある方は,最後まで読み進めてみてくださいね。

・人と比べられると自分がダメな人間だと思う

・人と比べられることが何よりのストレスになる

・人と比べられるのが嫌いなのに

 ・自分でも誰かと比べてしまう

スポンサーリンク
目次
管理人『パセリ』のプロフィール

パセリ

10年の海外生活、介護福祉士を経て、現在は整体師・パーソナルコーチで、自営サロンを経営。

自身の体や心の不調の経験。整体師として2000人以上の人の体に触れて、心との対話からの経験で、健康のために色々な方法を勉強して実践

取り入れて良かったものを自分のサロン同様にこのブログの中でもお伝えしています。

シンプルでお金がかからない塩&にがりの”塩ライフ”もおすすめです。

医師から勧められた水素吸入も、今は日常の習慣になっています。自分の不調の経験から、シンプルが一番と気がつきました。” 食も生活も人間関係もシンプルに " の生活スタイルと体と心の健康を発信しています。

からだも心も毎日が晴れのち晴れでありますように。

\ パセリのおすすめ /

温泉水をご存知ですか?

良いものは何でも試したい筆者が
あまりの美味しさに衝撃を受けた超軟水
温泉水99についてご紹介しています
初回限定お試しセット は990円です♪

温泉水99の紹介記事はこちら

人と比べられて自己嫌悪【対処法}①自分を伸ばす

比べられるというのは子どもの頃によく経験した方も多いのではないでしょうか。兄弟姉妹がいると”お兄ちゃんはこんなに勉強ができるのに…”とか

学校でもあったかもしれませんね。社会に出てからは会社という組織で働いている人にとっては、日常的に比べられることもあるでしょう。人と比べられた時の対処法の一つ目は 自分を伸ばすことです

落ち込んでも何も変わらない

どんな形であれ私たちは人と関わって生活をしています。人と比べる人にも出会うでしょう。人と比べる人というのは場面や状況にもよります。

場面や状況も様々です。あなたのことを誰かと比べる嫌な人も様々です。不必要にあなたを誰かと比べる人。人の気持ちがわからない人。

あなたを誰かと比べることによって、あなたを落ち込ませて優位に立とうとする人。競争心を煽るために比べる人。やる気を上げさせようと比べる人。

いろいろです。

あなたを誰かと比べる人に振り回されて落ち込む必要はありません。もしあなたの周りが、人と比べる人ばかりだったら…?そしてその比べられることが全部違っていたら…?

落ち込んでも落ち込んでもきりがないですね。比べる人が違って、比べられることが違ったら その度に自分がどうしたらいいかわからなくなってしまいますね。

落ち込んでも何も変わりません。比べられて 自分をダメな人間だなんて思ったり、劣等感を抱くより、そんなふうにならない自分に変わることです。そのほうがあなたにとって100倍メリットがあります

自分がダメだと思う原因

あなたは自分で自分のことを好きですか?自分の良いところ、自分で思うダメなところを含めて、自分のことを好きですか?

人から誰かと比べられる。自分のことをダメだと思ってしまう。劣等感を持つのは、自分を好きでいるということが足りないからです。

自分のことを好きだったら、自分のことを大切にできます。人から比べられて、自分を落ち込ませる必要はなくなります。

自分を好きになる。まず、自分の良いところだけではなくて、ダメだと思うところも自分で受け入れることです。そして”自己肯定感”を持つことです。自己肯定感。

\ あわせて読んでね /

こちらの記事にある自己受容と自己肯定ができると,自分のことを好きになれますよ。そうすると人と比べられることがあっても落ち込むことはなくなります。

スポンサーリンク

自分の強みを見つける

自己肯定感がある。比べられたことで、自分をダメだと思うのではなく自分の強みを持てるようになります。完全無敵の完璧な人はいませんね。誰でも得意なこと苦手なこと、好きなこと 嫌いなことはあるものです。

もちろん、あなたのことを人と比べる人もです。完璧ではありません。あなただけではなく、みんな完璧ではないのです。自分の好きなことは自分の強みになります。

”これなら私は劣らないよ”というものを持ちましょう。ここで間違わないでくださいね、実際には劣ったっていいのです。あなたなりの強み、好きなことです。

一つでもいいです。または一つでも多く持てるようになると、誰と比べられても落ち込んだり、劣等感というのは出てこなくなります。

それを見つけるためには自分らしさを知ることです。”自分らしさ”って なんでしょう。自分らしさを見つけるヒントがあります。

\ あわせて読んでね /

自分らしさってとても大切です。自己肯定感が高まります。自分の強みを見つけることができます。自分を高めて伸ばすことができるようになります。

人と比べられても平然として、伸び伸びとしている人もいると思います。そういう人は、自分らしさを持っているものです。

スポンサーリンク

同期と比べられてうんざり【対処法】②環境を変える

仕事。会社によっては人と比べられることが日常的なこともあるでしょう。成果が必要な営業職。自分自身も同僚の成績が気になったり、同僚に抜かれたり…。

そして上司から同僚と比べられたり。人と比べられる。自分でも人と比べてしまう。そんな環境の中にいるなら、この先に書いてあることを理解していただくことも大切です。

その上で、人と比べられるのは嫌だと思うなら、二つ目の対処法は環境を変えることです。

企業は競争社会

「あなたはあなたのままでいい」。人から誰かと比べられた時にこんな言葉を聞くことはないでしょうか。”人は人。あなたはあなた”というような意味ですね。

けれどこれは場面が変われば通用しません。厳しいかもしれませんが、企業という組織の中では通用しません。「あなたはあなた」のままで仕事をされていたら、そしてみんながそうだったら、企業は潰れてしまうかもしれません。

企業は競争の中にいるのです。企業、会社は生き残っていくためには、働いている人に競争心も向上心も持ってもらう必要があります。

これは経営者にならなければわからないことかもしれません。組織の中においては、比べられることもあります。自分でも比べてしまうでしょう。その都度落ち込んだり、比べられてストレスを抱え込まないために。自分らしさを知って自分らしさを持つことが大切です。

ただここで多くの人が誤解することがあります。自分らしさの使い方です。働いている中で、自分らしさを前面に出すということではありません。組織の中で働くということは、競争しなければいけない時もあります。人と比べられる時もあります。

これは組織の中にいる以上避けられないことです。人と比べられた時の対処法として、比べられたら無視しましょうというのを見かけることもあります。

また、比べる人が悪いから、スルーしましょうということもあります。けれど無視できるくらいの強さを持っているなら、人と比べられて落ち込んだりストレスを抱え込んだりはないのではないでしょうか。

また、比べる人が悪いなどと言っていても状況は何も変わりません。あなたも何も変われません。比べられるたびに無視し続けていけるのでしょうか。比べられるたびに落ち込んでいくのでしょうか。ストレスを膨らませていくのでしょうか。

そこで、環境を変えることが対処法としてあります。

環境の変え方①

どうしても人と比べる人が嫌い。そんなところにいたくない。それなら転職という選択もあります。ただ、その場合に自分が今のままで何も変わらずに転職をしても、その転職先で同じことが起こる可能性はとても大きいです。

人と比べる人は どこにでもいるかもしれません。環境を変えるために転職をするにしても、まず自分を変えることです。ここまで繰り返しお伝えしてきたように自分らしさを知って、自己肯定感を持つことです。

これができると今より遥かに組織の中にいて、人と比べられることがあっても落ち込むことはなくなるでしょう。比べられても伸び伸びとしている人がこのタイプです。

環境の変え方②

ここまで自分を変えるということをお伝えしてきました。自分が変われる努力をしても、それでも人と比べられるのはやっぱり嫌だということもあります。

会社という組織の中で働くのが向いている人とそうでない人ということがあるからです。自分がどうしても組織の中で働くという形に向いていないと思ったら思い切って働く形を丸ごと変えるのもありです。

昨今では働き方は本当に多様化しています。人と比べられたり、人との関わりが苦手。一人でできる仕事を選択することも可能です。なんなら思い切って起業してみてもいいでしょう。一人起業もあります。そういう環境の変え方もあります。

スポンサーリンク

比べる人が嫌い【比べられた時の対処法】③自分の比較癖をやめる

人と比べる人が嫌い。比べられると自己嫌悪になる。比べる人にうんざりする。どうでしょうか。自分でも誰かと比べてしまうことってありませんか。

人と比べられるのは誰でも嫌なものです。特にストレスになるほど嫌だと思う人は、無意識にでもいつも人の目を気にして、自分でも誰かと比べてしまっているかもしれません。

そのような場合。まず自分の比較癖をやめることです。自分でも誰かと比べて、”やっぱり私はダメだと~”ということがあると、人から比べられた時、なおさら比べられることに敏感になってしまいますね。

自分の強みを見つけて伸ばしていく。そこに自信を持てるようにななる。誰かと比べる必要もなくなります。

人と比べる人が嫌い【比べられた時の対処法】まとめ

人と比べられて落ち込む。自己嫌悪になる。自分に自信がないのですね。自信がないのは、自分を自分で受け入れることができていないためです。

自分を受け入れることができていないと、何でも人に左右されてしまうものです。人に左右されて揺らぐ自分の人生って、もったいなくないですか。つまらなくないですか。

自分を受け入れて、自分らしさを知って自信を持つことは、人と比べられた時の対処法としてだけでなく、自分の人生を生きるためにはとても大切なことです。

環境を変えることをお伝えしました。これは実際に私が実行したことです。比べられながら、組織という籠の形が、私には合わなかったのです。

人の目を気にせず 自分らしく生きたいという思いが溢れたとき起業をしました。その道のりは決して甘いものではありません。

こんな自分はダメだとか、人と比べられて嫌になるとかの自分のままでは、とてもできることではありません。だからこそ環境を変えるために自分を変える必要はありました。

どんな選択でも大変なことがないということはありません。けれど何を選択しても大変なら、自分らしい生き方を選択したほうが良いと思いました。

人と比べられることで悩んだり、左右されたりするのではなく、自分の人生を生きてみませんか。

\ 私の選択した道を書いています /

どうかこれを機会に,人と比べられることにストレスを抱えるのではなく、今のあなたを変えてみませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次